Tales and Trails of the Teak Wallahs

チェンマイとランパーンの間にある歴史的建造物にスポットを当てた魅力的な日帰りツアー。往年の植民地時代の歴史を知ることができます。

新しい歴史ツアー

137 Pillars Houseでは、「Tales and Trails of the Teak Wallahs」と題したツアーを開催し、チェンマイの豊かな歴史に触れる貴重な機会を提供しています。このツアーは、かつてタイ北部の森林地帯に伐採権を持っていたヨーロッパ系企業で働いていた「紳士林業家」(チーク・ワラー)たちの多彩な生活を紹介するワンデーツアーです。

「Tales and Trails of the Teak Wallahs」ツアーは、137 Pillars Houseの小さな博物館からスタートし、ランパーンが最終目的地です。道中、知識豊富なガイドが古い写真や当時の話を交えながら、この魅力的な旅を紹介してくれます。途中、ウィリアム・ベインの息子ジャックが設立したワット・ケット博物館、チェンマイで最も古い家屋のひとつであるバーンボーラーン・チェンマイ、1898年に設立されたコロニアルスポーツクラブであり、チーク・ワラーたちの遊び場でもあったチェンマイ・ジムカーナークラブ、多くのチーク・ワラーが眠る外国人墓地、英国総領事W.A.R.ウッドの邸宅などに立ち寄ります。ランパーンでは、当時の遺産である馬車に乗って、ルイス・レオノーウェンズ社の旧事務所であるルイス・ハウスを訪れます。また、100年前に建てられた林業局の事務所、1895年に建てられた木造家屋のバンサオナック、ランパーンの象徴的な鉄道駅であるボンベイハウス、旧ランパンスポーツクラブなども訪問します。

交通手段はプライベート専用車。ツアーには英語を話すツアーガイド、食事、飲料水、各施設入場料が含まれています。

詳細については、ホテルのコンシェルジュに電話 +66 (0)53 247 788、またはメール fo@137pillarshouse.com でお問い合わせください。